代表メッセージ

 障害年金の専門サイトをご覧いただきありがとうございます。

 病気やケガ等で思うように働くことができず、経済的に厳しい状況にあり、本来であれば障害年金を受給することができるはずなのに、制度について知らなかったり、障害年金の申請をしたものの提出資料の記載が不十分・不適切等の理由で適切な障害等級認定を受けられなかったりして、障害年金を受給することができない方が少なくありません。

 そこで私たちは「障害年金チーム」を作り、障害年金に関するご相談や申請代行をさせていただくことにしました。

 障害年金に詳しい弁護士・社会保険労務士が連携して、適切な障害年金の受給ができるようにサポートさせていただきますので、障害年金の申請のご相談をお考えの方はお気軽にご相談ください。

 障害年金申請のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 社会保険労務士法人心の代表社会保険労務士の大原と申します。

 障害年金は国民年金法及び厚生年金法に定められた制度です。

 国民年金は強制加入であり、厚生年金も一定の要件を満たす事業者に雇用される方は加入することになっていますので、万が一ケガや病気になってしまった場合に、多くの方に受給できる可能性があります。

 私は、この点が、障害年金という制度の非常に素晴らしい点だと考えています。

 しかしながら、一般の方が障害年金の申請を行うのは簡単ではないと思います。

 どの病院に初診日の証明をしてもらうのか、いつの時点のどのような種類の診断書を取得すればよいのか等、制度を理解しながら手続きを進めることが必要ですし、場合によっては手間もかかります。

 そして、障害年金の請求は、高齢者になってから受け取れる年金のように、誰が申請しても同じ結果が出る手続きではないのです。

 それだけに、私共の仕事の意義も責任も大きなものがあると考えています。

 このホームページを通じて、より多く方が障害年金によって安定した生活を得られ、充実した人生を歩まれることを願っております。

社会保険労務士法人心
代表社会保険労務士
大原啓介

PageTop