選ばれる理由

1 障害年金チームが対応

 障害年金は、診断書の記載が不正確、不十分であると、本来であれば認定されたはずの障害等級が認定されず、障害年金が受給できなくなってしまうおそれがあります。

 適切な認定を受けるためには、障害認定基準を理解した上で、医師に症状等を適切に伝えて、それを診断書に反映してもらうことがとても大切です。

 当法人では、障害年金を集中的に扱う弁護士・社会保険労務士らで「障害年金チーム」を作り、日々の業務にあたっています。

 定期的な研究会を開催するなど、障害年金の分野について日々研究を重ね、適切かつ迅速な障害年金の申請サポートが行えるように努めています。

2 弁護士・社会保険労務士の連携

 障害年金の認定を受けるためには、医師に適切な内容の診断書を作成してもらうことがとても重要です。

 社会保険労務士などの他の専門家と異なり、弁護士であれば代理権限があるため、必要に応じて、医師と直接やり取りするなどして、適切な診断書を作成してもらえるようサポートさせていただくことが可能です。

 また、もし障害年金が不支給となってしまったケースであっても、弁護士であれば、訴訟を提起し、個別的な事情をもとに実質的には基準に該当することを主張していくことが可能なケースがあります。

3 受給できなかった場合は報酬不要(成功報酬制)

 当法人では、初期費用0円で障害年金の申請をサポートさせていただきます。

 もし、障害年金を受給できなかった場合には報酬は発生しませんので、安心してご依頼いただけます。

 ※案件の内容によっては、相談料・初期費用が生じる場合がありますが、その際は、あらかじめお伝えいたしますので、ご安心ください。

4 個室の相談スペース

 「相談内容を他の人に聞かれたくない」「集中できる場所で相談したい」といったお気持ちをお持ちの方にも安心してご利用いただけるように、当法人は個室の相談スペースをご用意しています。

 話し声が漏れ聞こえないように、通路には音楽を流すなど、できる限りの配慮をしております。

5 電話やテレビ電話でもご相談いただけます

 障害年金は、事務所にお越しいただいての相談のほか、お電話でのご相談が可能です。

 資料を見ながら相談したいという場合は、テレビ電話相談で対応させていただきますので、ご安心ください。

 外出しての相談は難しいという方や、すぐに事務所に出向くことが難しいという方は、電話相談をご利用ください。

PageTop